月別アーカイブ: 2020年5月

チャットエッチ

チャットエッチも、テキストだけならテキストだけって決めておいた方がいいね・・・。
俺、この間テキストだけってことで女の子とチャットエッチしたんだけど、途中でなんか物足りなくなっちゃってさ。
お願いして、ビデオ通話にできない?って聞いたの。
最初は嫌がってたけど、「お願い」って頼んだら、OKしてくれて。
それで、ビデオ通話になったんだけど・・・あれって思ったんだよね~。
チャットエッチでテキスト交換してた時に「今、どんな格好してるの?」って聞いた時に「仕事帰りだから、白いブラウスと黒パンツ」って答えてたの。
だけど、ビデオ通話で見た後ろの背景に、椅子の背もたれのところに脱いだ服とかかかってて・・・よれよれのスウェットしかかかってなかった。
DXLIVEのライブチャットと同様のプレイを無料でしている友人
もしかして、白いブラウスと黒パンツってウソ・・・なんじゃないかって気がして。
最初から、ダレダレっとしたスウェット着てて、それでチャットエッチでどうせ見えないんだからって白ブラウスと黒パンツなんて見栄張ったんじゃないかな~。
そういう観察力、洞察力、いらないところで発揮してどうする!
女の子の見栄くらい見ないようにしようよ・・・って自分で突っ込んだもんな。
テキストのみのチャットエッチだったら気付かなくて済むようなものも、ビデオ通話では気付いちゃう。
うちの母が昔、よく言ってたけどさ「男は単純で鈍感な方がいい」って。確かに!って実感したよ。
俺の親父も割と鈍感な方で、記念日とかプレゼントとか気がつかない人だった・・・。だけど、母にとってはそれで良かったんだな~って。
オンラインセックス
セクスティング

出会い系にいる人妻

出会い系にいる人妻が俺にとってはそういう女性が嫌いでした。俺の母親は出会い系にいる人妻でした。父親が仕事人間だから仕方ないかもしれないけれど、出会い系で知り合った人との間に子供が授かり、男は逃げられ、母親は子供を下ろすために父からお金を貰いそして離婚。俺は父親と一緒に暮らすようになったけれど悲惨でした。父親は家族のために働いていたのに裏切られ離婚してからは仕事から帰ると酒を浴びるようになり、俺との会話も無くなり俺は高卒してから家を出て1人で暮らすようになりました。
援デリ業者とは知らずにTwitterの裏垢女子に2万円を取られる
工場で働くようになった俺は、自分で稼いで生きる生活が楽しかった。職場の人も良くしてくれて、そこで働く加藤さんは俺が一人暮らしということもあって自分で作ったおかずを俺に分けてくれたり、たまに夜ご飯の分までおかずの差し入れをしてくれます。俺が職場の中では一番若いからちゃんと生活できているか心配と言ってくれて母親みたいな感じの人でした。
だけど、そんな優しい加藤さんでも家に帰ると主婦の顔に変身。中学と小学生の子供は2人に夫の4人暮らし。加藤さんのことだから家族も明るいのかなと思っていましたが、夫の浮気が原因で子供が高校生に上がったら離婚しようと思うと言いました。意外な言葉に驚きながら俺は少しずつ加藤さんの事が気になっていました。人妻の人を好きになることは絶対ないと思っていたけれど、彼女はいつかは離婚するから人妻ではないと自分に言い聞かせてしまう俺。
人妻が出会い系に登録
出会い系で人妻をナンパ